2006年12月30日

ウルトラマンメビウス #37 「父の背中」 宇宙三面魔像ジャシュライン登場

父のCVは西岡徳馬。
戦闘時の、かけ声も雄々しいもんさ。
CBC
posted by 雨 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダーカブト #46

ひよりは守るが、剣は倒す。
まったく、辻褄の合わない展開が理解できるのは、ストーリー上の登場人物と製作者たちだけじゃないか?
以前のシリーズでも、ライダーの中の人が「怪人」だったことはあった。
でも、結末は救いがあったと思う。
今回のエピソードに救いはあったかしら。
天道もホッパー兄弟も、言動がエピソードごとに異なる感じ。
前回、語った台詞は忘れちゃったのかよって様子に、こっちは置いてけぼりを食った印象しか残らない。
平成ライダーシリーズは、当初つまらなかったのに、だんだん面白くなるものと、初回からグッときてたのに後半、奈落の底に突き落とされるのと、2種類あるね。
テレビ朝日公式東映公式
posted by 雨 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(4) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

轟轟戦隊ボウケンジャー #43 「危険な贈物(クリスマスプレゼント)」

ゲストは、今や尻アイドルとしてブレイクした秋山莉奈。
『アギト』から随分経ったなぁ。
しかし今回、それ以上のサプライズはガジャ様の台詞。
「しくしくしく」
「泣き真似じゃーっ」
誰もいないアジトで、ひとりボケ倒す大神官の姿は、おもろうて、やがて悲し。
東映公式テレビ朝日公式
posted by 雨 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(3) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

よつばと君に届け秘宝

『君に届け』 1巻 2巻 椎名軽穂 マーガレットコミックス 集英社 390円(税別)
『よつばと』 6巻 あずまきよひこ 電撃コミックス メディアワークス 600円(税別)
『映画秘宝』 2007年2月号 「燃えるアニメ!/この映画を見ろ!2007」 洋泉社 1,000円(税別)

マーガレットWEBあずまきよひこ.comよつばスタジオホームページ映画秘宝.com
posted by 雨 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

24 シーズンIV #9 「3:00P.M.-4:00P.M.」

原子炉の1つがメルトダウンをおこす。
もうテロは成功したと言ってもいいのかも。
『24』の世界では初めてのケースか。
FOX公式
posted by 雨 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

今日届いた本

『アックス』 54号 「特集 うるし部 追悼・米沢嘉博」 青林工藝舎 933円(税別)
『QuickJapan』 Vol.69 「永久保存版 やりすぎコージー/徹底特集 浅野いにお」太田出版 900円(税別)

青林工藝舎クイック・ジャパン公式太田出版
posted by 雨 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

仮面ライダーカブト #45

30分番組の構成じゃないな。
テレビ朝日公式東映公式
posted by 雨 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(5) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

RED GARDEN #1 「さよなら少女たち」

いきなりミュージカルな描写になったのは、びっくりした。
しかし、のれないキャラデザインやわ。
くちびるオバケ・・・。
公式
posted by 雨 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

轟轟戦隊ボウケンジャー #42 「クエスターの時代」

ガイさんレイさんの最期。
でも、定番な巨大化特攻シークエンス描写がなかったので、たぶん、まだ出番はあるんでしょう。
好きなキャラだったなぁ。
クエスターと風のシズカにガジャ様は、生き残ってほしいキャラだな。
東映公式テレビ朝日公式
posted by 雨 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(3) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

仮面ライダーカブト #44

ザビ夫復活。
そして瞬殺。
(´・ω・) カワイソス
黒カブト、ひよりにフラれる。
(´・ω・) カワイソス ×2
と思ったら、ダークサイドに。
って、はなからダークだっけ。
テレビ朝日公式東映公式
posted by 雨 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(3) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

轟轟戦隊ボウケンジャー #41 「メルクリウスの器」

ネガティブ・シンジケートに(映士メカを除く)ボウケンロボ総集合で、まるで劇場版並の充実エピソード。
いずれやるだろうと思われた展開だけど、いよいよ来たって感じやね。
それにひきかえ、「あっち」の方ときたら・・・。
東映公式テレビ朝日公式
posted by 雨 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

24 シーズンIV #8 「2:00P.M.-3:00P.M.」

前回カッコいいと思ったトニーが、実は、やさぐれていた。
FOX公式
posted by 雨 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダーカブト #43

ライダーの技をコピーする乃木ワーム。
その姿は、エヴァ初号機みたい。
デザインもコピー?
ダークカブトの中の人(ワーム)は天道の擬態。
あれ?擬態された人は死んでるはずじゃ・・・。
あ、モロ師岡のときは生き延びたっけ。
今回の演出は新人監督らしい。
スプリット画面を使ったZECTの戦闘描写は面白かったけど、シリーズ通してのトーンが演出家によってバラバラなのが、『カブト』の欠点だったと思う。
テレビ朝日公式東映公式
posted by 雨 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(3) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

ALWAYS 三丁目の夕日

全編CGで再現された「昭和」だが、技術の高さでセットとの継ぎ目は感じさせない。
けど、やっぱりCG部分の「写真が動いている感」は残った。
役者の演技が熱を帯びるほど、温度差が目立ってしまい、せっかく温泉に来たのに、ぬるかったみたいな残念な印象。
それでも、子別れのベタな展開は、悔しいけど泣けた。
私が(かなり)子供の頃には、まだ残っていた(田舎なので)風景(駅のホームに垂れ下がった列車の接続案内とか)は、やっぱり懐かしい。
須賀健太の、情の薄そうな実父を演じる、小日向文世の演技が一番よかった。
監督/山崎貴 出演/堤真一 吉岡秀隆 小雪 薬師丸ひろ子 掘北真希 三浦友和 小日向文世 須賀健太 小清水一揮 公開/2005年
公式サイト
posted by 雨 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

轟轟戦隊ボウケンジャー #40 「西のアシュ」

またシリアス編か。
鬱展開は長引かない方がいいのになぁ。
特撮ヒーローもの定番の、自分の分身と戦う描写があったけど、も少し引っ張ってもよかった。それで1エピソード作れるくらいのネタだと思うんだけど。
東映公式テレビ朝日公式
posted by 雨 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(3) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。