2006年12月03日

ALWAYS 三丁目の夕日

全編CGで再現された「昭和」だが、技術の高さでセットとの継ぎ目は感じさせない。
けど、やっぱりCG部分の「写真が動いている感」は残った。
役者の演技が熱を帯びるほど、温度差が目立ってしまい、せっかく温泉に来たのに、ぬるかったみたいな残念な印象。
それでも、子別れのベタな展開は、悔しいけど泣けた。
私が(かなり)子供の頃には、まだ残っていた(田舎なので)風景(駅のホームに垂れ下がった列車の接続案内とか)は、やっぱり懐かしい。
須賀健太の、情の薄そうな実父を演じる、小日向文世の演技が一番よかった。
監督/山崎貴 出演/堤真一 吉岡秀隆 小雪 薬師丸ひろ子 掘北真希 三浦友和 小日向文世 須賀健太 小清水一揮 公開/2005年
公式サイト
posted by 雨 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

轟轟戦隊ボウケンジャー #40 「西のアシュ」

またシリアス編か。
鬱展開は長引かない方がいいのになぁ。
特撮ヒーローもの定番の、自分の分身と戦う描写があったけど、も少し引っ張ってもよかった。それで1エピソード作れるくらいのネタだと思うんだけど。
東映公式テレビ朝日公式
posted by 雨 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(3) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。