2007年02月25日

仮面ライダー電王 #5 「僕に釣られてみる?」

ひとつの身体に3つの人格(現時点)。
OPでコスプレ風に登場してる良太郎群の個々が別のイマジンとすると、ま、とにかく沢山人格ってことになるのか。
カニイマジンが子供に契約を迫る場面とか、かなり怖い感じだし。
大丈夫なのか?小さいお友達に受け入れられるのか?
理解してもらえるのか?
テレビ朝日公式東映公式
posted by 雨 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローレライ

アニメの実写化。
そんな印象を受ける描写が目立つけど、それ自体は悪いことではない。
かつて何本も作られ、人間ドラマだけが売りだった戦争大作に、この映像表現が加われば、もう少し退屈しなくて済んだかもしれなかったのだから。
でも、軍隊に対する描写が、いかにも今風というか。
実際に一兵卒として戦った人の体験記など読むと、軍隊ってのがいかに窮屈で、理不尽な暴力と精神性が満ちていた世界だったかってのを知ってしまったので、こんな和気あいあいとして部下にも甘い描写は、リアルさに欠けてしまう。
この作品内で描かれている軍隊は、『ガンダムSeed』のそれみたい。
上官に反抗的な言動をしたり、命令されていないのに自分の意志で行動したりしても、処罰されずに「困ったやつだ」くらいで暖かく見守られるっていう。
アニメの世界観では通ってしまう状況も、実写では「あり得なさ」が目立ってしまう。
どちらもフィクションで、脚色された世界ではあるけど、アニメのリアルと実写のリアルは違うんだと確認した作品だった。
それぞれのフィールドに適した演出が出来たら素晴らしいんだけど。
監督/樋口真嗣 出演/役所広司 妻夫木聡 柳葉敏郎 香椎由宇 石黒賢 國村隼 佐藤隆太 ピエール瀧 鶴見辰吾 堤真一 公開/2005年
公式
posted by 雨 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

獣拳戦隊ゲキレンジャー #2 「ワキワキ!獣拳合体」

新キャラ「バエ」は、メレに戦い破れ、彼女の体内にとらわれの身となっている元激獣フライ拳の拳士。
巨大ロボ(違うけど)戦がはじまると現れ、勝手に実況を始める。
何だこりゃ、キン肉マンか。
戦闘は、内部でゲキレン達がアクションすると、巨大拳士ゲキトージャに反映されるという「ジャンボーグA」方式(?)
まあ、故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る、というか。
またも、パク・・、げふんげふん。
いずれ、巨大ロボによる三節棍アクションを見られるらしいから、それは新しいかも。
「トンファー」言いながら、あっさり単棍棒(?)にしちまったのは残念。
せっかく、武術をモチーフにした戦隊なんだから、この手のギミックは、いっぱい出してほしいね。
面白いし、スポンサー的にも美味しいんじゃない?

ED前の、伊藤かずえ師姐による一口解説コーナーが楽し過ぎる。
テレビ朝日公式東映公式
posted by 雨 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(6) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

ウルトラマンメビウス #44 「エースの願い」

満月超獣ルナチクス 異次元超人巨大ヤプール 冷凍星人グローザム 悪質宇宙人メフィラス星人登場

エース大好きっ子だった私にとって、感激なエピソード。
北斗の台詞に泣き、南との再会シーンで又、涙。
CBC
posted by 雨 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『映画秘宝』 2007年4月号

「海外TVドラマが日本を乗っ取った!」 洋泉社 1,000円(税別)
映画秘宝.com
posted by 雨 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

ロケットガール #1 「ディスティニィ -destiny-」

ソロモン宇宙協会(ロケットガール公式サイト)
posted by 雨 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

ガン×ソード GUN SWORD #6 「ハートに火をつけて」

『パルプ・フィクション』ネタ。わかりやすい。
公式
posted by 雨 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

茶の味

映像表現が独特だけど、やっぱり物語はオーソドックスなところに収まる。
監督/石井克人 出演/佐藤貴広 坂野真弥 浅野忠信 手塚理美 我修院達也 土屋アンナ 和久井映見  中嶋朋子 三浦友和 公開/2004年
posted by 雨 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

24 シーズンIV #17 「11:00P.M.-12:00A.M.」

「核のフットボール」をめぐり、また、一般市民がジャックの手駒となって苦労するはめに。
FOX公式
posted by 雨 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機動戦士ガンダム 第08MS小隊 #1 「二人だけの戦争」

HDDレコーダーを買ったおかげでBSデジタル放送が観られる。
いつもは、母親のための韓流ドラマ視聴専用機となっているけど、たまには私好みの番組も観せてもらわないと。
しかし、これって10年前の作品なんだね。
公式
posted by 雨 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

仮面ライダー電王 #4 「鬼は外!僕はマジ」

『ゲキレンジャー』も始まって言えるのは、今年の「スーパーヒーロータイム」は、物語を深く考察するんじゃなく、作品をサラッと観流すのが本当かな、と。
だから、シリアス展開は要らないぞ、白倉P。
テレビ朝日公式東映公式
posted by 雨 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

獣拳戦隊ゲキレンジャー #1 「ニキニキ!激獣拳」

初回は、どうしてもツッコミ入ってしまうもの。
最近の傾向とは言え、キャストが皆、ナヨッとしてるのはどうだろう。
ネタが拳法ってことを考えても、ガチムチ系が皆無ってのは淋しい。
戦隊シリーズ定番である、変身時の名乗りでも、紅一点(イメージカラーはイエローだけど)の女子レンジャーはともかくとして、ブルーの人がきめるポーズのナヨナヨ加減と言ったら、武道の型というよりも、ミュージカルの振りみたいだった。
これは、日本のアクション全般にみられる弱点だと思うんだけど、殺陣自体は香港なんかのカンフー作品と同じことをやっているのに、やけにもっさりと見えてしまう。スローモーで緊張感が味わえないっていうのに通じていると思う。
撮影スピードを変えて、実際のアクションを早く見せるテクニックがあるのに、日本の演出者はリアルタイムアクションにこだわるのか、あまりその手法を使わないみたい。
どうしても人の動きには限界があるから、こうきたらこうさばいて、みたいな段取りっぽさが見えて、もうひとつ燃えないんだよな。
設定もツッコミたくなるのは、まあファンタシイにはよくあること。
笑えるのは、敵役組織の呼び名が「アクガタ」(って、そのまんまじゃん)とか、戦闘員がキョンシーそっくりで、邪悪拳法集団「臨獣殿」の拳士なので名前が「リンシー」(臨死、かよ)とか。
敵役のボスキャラが着ぐるみじゃなくて、素顔のイケメン俳優ってのは、戦隊シリーズらしくなくて、そういえば全体的な印象は平成ライダーシリーズに近いかも。
とにかく、敵も味方もナヨッとしていて、本当に強そうに見えるのは、伊藤かずえ姐さんだけっていうありさまは、いずれ解消されるんでしょうか。
ってか、姐さんもきっと、白い戦士とかに変身しそうな予感。
せっかくだから、アクガタの真のボスキャラとして、松村雄基が登場したら、かなり燃える展開が期待できそう。
となるとナレーションは来宮良子さんで。
テレビ朝日公式 東映公式
posted by 雨 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(4) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

ウルトラマンメビウス #43 「脅威のメビウスキラー」 異次元超人メビウスキラー 異次元超人巨大ヤプール 宇宙同化獣ガディバ 策謀宇宙人デスレム 冷凍星人グローザム 悪質宇宙人メフィラス星人登場

宇宙人が揃って「四天王」とか言ってる。
「ウルトラ」シリーズっぽくねぇなぁ。
でも、 清水紘治(異次元人ヤプール人間態)の存在感は、素で超獣並み。
CBC
posted by 雨 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

Amazonから10冊

『男気万字固め』 吉田豪 幻冬舎文庫 686円(税別)
『極道めし』 1巻 土山しげる アクションコミックス 600円(税別)
『やじきた学園道中記』 28巻 29巻 市東亮子 ボニータコミックス 390円(税別)
『ピューと吹く!ジャガー』 8巻 9巻 10巻 11巻 12巻 うすた京介 ジャンプ・コミックス 390円(税別)
『QuickJapan』 Vol.70 「カンニング/ゼロ年代日本 次の100人/宮川大輔/TV・オブ・ザ・イヤー」太田出版 900円(税別)
豪さんのポッド(吉田豪ポッドキャスティング)/幻冬舎双葉社大和魂(市東亮子公式ブログ)/秋田書店めくるめけ日々(うすた京介公式サイト)/ポップ ウェブ ジャンプ(週刊「少年ジャンプ」公式サイト)/クイック・ジャパン公式
posted by 雨 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。