2007年02月25日

仮面ライダー電王 #5 「僕に釣られてみる?」

ひとつの身体に3つの人格(現時点)。
OPでコスプレ風に登場してる良太郎群の個々が別のイマジンとすると、ま、とにかく沢山人格ってことになるのか。
カニイマジンが子供に契約を迫る場面とか、かなり怖い感じだし。
大丈夫なのか?小さいお友達に受け入れられるのか?
理解してもらえるのか?
テレビ朝日公式東映公式
posted by 雨 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローレライ

アニメの実写化。
そんな印象を受ける描写が目立つけど、それ自体は悪いことではない。
かつて何本も作られ、人間ドラマだけが売りだった戦争大作に、この映像表現が加われば、もう少し退屈しなくて済んだかもしれなかったのだから。
でも、軍隊に対する描写が、いかにも今風というか。
実際に一兵卒として戦った人の体験記など読むと、軍隊ってのがいかに窮屈で、理不尽な暴力と精神性が満ちていた世界だったかってのを知ってしまったので、こんな和気あいあいとして部下にも甘い描写は、リアルさに欠けてしまう。
この作品内で描かれている軍隊は、『ガンダムSeed』のそれみたい。
上官に反抗的な言動をしたり、命令されていないのに自分の意志で行動したりしても、処罰されずに「困ったやつだ」くらいで暖かく見守られるっていう。
アニメの世界観では通ってしまう状況も、実写では「あり得なさ」が目立ってしまう。
どちらもフィクションで、脚色された世界ではあるけど、アニメのリアルと実写のリアルは違うんだと確認した作品だった。
それぞれのフィールドに適した演出が出来たら素晴らしいんだけど。
監督/樋口真嗣 出演/役所広司 妻夫木聡 柳葉敏郎 香椎由宇 石黒賢 國村隼 佐藤隆太 ピエール瀧 鶴見辰吾 堤真一 公開/2005年
公式
posted by 雨 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

獣拳戦隊ゲキレンジャー #2 「ワキワキ!獣拳合体」

新キャラ「バエ」は、メレに戦い破れ、彼女の体内にとらわれの身となっている元激獣フライ拳の拳士。
巨大ロボ(違うけど)戦がはじまると現れ、勝手に実況を始める。
何だこりゃ、キン肉マンか。
戦闘は、内部でゲキレン達がアクションすると、巨大拳士ゲキトージャに反映されるという「ジャンボーグA」方式(?)
まあ、故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る、というか。
またも、パク・・、げふんげふん。
いずれ、巨大ロボによる三節棍アクションを見られるらしいから、それは新しいかも。
「トンファー」言いながら、あっさり単棍棒(?)にしちまったのは残念。
せっかく、武術をモチーフにした戦隊なんだから、この手のギミックは、いっぱい出してほしいね。
面白いし、スポンサー的にも美味しいんじゃない?

ED前の、伊藤かずえ師姐による一口解説コーナーが楽し過ぎる。
テレビ朝日公式東映公式
posted by 雨 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(6) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。