2007年03月14日

美しき野獣

金のかかったVシネを観てるような印象。
対照的な主人公2人が深い絆で繋がっているという関係性は、普遍的な男の子映画のテーマだと思う。
だから本作も、それなりに楽しめるけど、ヒッチコックの『めまい』みたいな逆ズームのしつこさとか、様々な映像表現の多用が余分な描写と感じた。
主人公を待ち受けるラストは悲劇的だが、感傷的ではなかった。
あと少しの情緒があれば、と思う。
監督/キム・ソンス 出演/クォン・サンウ ユ・ジテ ソン・ビョンホ 製作/2005年
posted by 雨 at 21:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。