2007年11月07日

スペクトルマン #48 「ボビーよ怪獣になるな!!」 #49 「悲しき天才怪獣ノーマン」

リアルタイム(地方なので時差はあるけど)で観てたと思う。
このエピソードは、なぜかよく憶えてるのだけど、あらためて観て納得した。
描写は、現在の子供番組ではあり得ない残酷なもので、ストーリーも怖い。
これまで記憶に留まり続けたのは、もしかしてトラウマになってたのかも。
EDの歌詞が殺伐とし過ぎているのに驚いたし、アルジャーノン(怪獣の名前じゃない)化するのが、いまや脇役としては有名な鶴田忍さんだったのも、そう。
『スペクトルマン』は、「公害Gメン」という組織を軸としたストーリーからはじまり、時代の暗部を怪獣に置き換えていった。
やりきれなさを感じるエピソードが、とても多い作品だった気がする。
posted by 雨 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

獣拳戦隊ゲキレンジャー #36 「ムキュムキュ!怪盗三姉妹」

キャッツアイ(嘘)のうち2人はJAEのスタントアクトレス。
マジレンジャーではマジピンク、アバレンジャーではアバレイエロー、ゲキレンジャーではゲキイエロー、ラゲクの中の人たちだけど、どうみても、おばさんでした。
志穂美悦子は、ホントに貴重な存在だったんだなあ。
テレビ朝日公式東映公式
posted by 雨 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(4) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダー電王 #39 「そしてライダーもいなくなる」

パンダラビットイマジンって、すごい名前。
しかも背中のジッパーが丸見えって、あまりにも雑すぎる造形。
テレビ朝日公式東映公式
posted by 雨 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。