機動戦士ガンダム #1 「ガンダム大地に立つ!!」

BS11開局で数十年ぶりに観た。
やっぱり面白いわ。
機動戦士ガンダム公式Web
posted by 雨 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル  #1 「怪獣無法惑星」

円谷が、またやってくれたな。
昭和のテイストを履修したようなセットのチープさは、実写版『スターウルフ』を思い出させ、その懐かしさは必ずしも不快ではなかったけれど、この年月で進化したのはCG技術だけなのかと空しくもあった。
とはいえ、CGで描かれるメカデザインは、やっぱりチープなイメージだし、出演俳優陣もしかり。
スポンサーが発売するカードゲームの宣伝でしかありえない番組に登場するのは人気怪獣たちだけど、初登場時の作品を手がけた演出家、脚本家、その他スタッフたちの思いを察すると、悲しい気持ちになってくる。
結局、『ULTRASEVEN X』を観続ける気にならない理由は、『マン』や『セブン』の魅力を、現在の製作者が誤解しているのか、でなければ全く理解していないんじゃないかとしか思えない描写に幻滅しているからだけど、本作のような番組を円谷が作ってしまう現実が、それを証明している気がする。
ぢゃ、次回は観ないかというと、一応チェックはするけどね。
どうやら、『マン』的な存在が出そうだから確認はしないと、という思いがあるので。
あと、「カプセル怪獣」的に、カードで正義怪獣を出すという描写自体は面白い。
だけど、やっぱりギミックはチープ(しかも、初めはそれが『マン』的な存在に変身する際のアイテムかと思ってがっかりしたり)。
ドラマとしては、一片の魅力も無い作品。
メインは、モロに「怪獣プロレス」で、その言葉は昭和世代の「ウルトラ」ファンにとっては屈辱的なフレーズなんだけど、今の円谷にはそうではないらしい。
公式
posted by 雨 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。