間宮兄弟

正月にテレビでやってた映画を何本か撮りだめしていた。やっと1本観る。
衛星放送でもエンドロールってカットするんだな。なんだか、がっかり。
作品自体のせいではないけど。
江國香織は初期の作品が好みだけど、最近のものでは本作が久しぶりに読んだ小説。あれは充分、楽しめたけど、映画版はそうでもないかな。
森田演出は、原作者を激怒させたらしい『模倣犯』の仰天ラストが記憶から消せず、不安がいっぱいだったけど、非道いって程ではない。
けど、あの原作が、少なくても映画ってメディアでは、(おそらく)この演出でしか観られないってことが、何だか勿体ない。
映像で、あの物語を観る選択肢が、この作品しかないってのが、少しだけ淋しい。
コミカルな描写が、時に不必要なもの(兄弟がパンダの着ぐるみを付けたりする描写とか)だったりして、原作には、もっと淡々とした印象を持っていた私には違和感があった。
役者は問題なし。ただ、演出が好みのわかれるところだろう。
中島みゆきは、役者じゃないけど、もう少し上手いと思ってた。
これもたぶん演出のせい。
もはや、かなわないことだけど、伊丹十三演出で観たいと頭に浮かんだ。
たぶん存命であったとしても、やらないとは思うけど。
大林宣彦演出でも観たい。
コミカルな描写も、静かな情景も、バランス良く観せてくれるのではないかしら。
こちらは、映画でのリメイクが無理としても、2時間枠のテレビドラマとしてなら可能性あるんじゃない?
監督/森田芳光 出演/佐々木蔵之介 塚地武雅 常盤貴子 沢尻エリカ 北川景子 戸田菜穂 岩崎ひろみ 佐藤隆太 広田レオナ 高嶋政宏 中島みゆき 公開/2006年
posted by 雨 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。