2007年01月07日

マルチュク青春通り

原題は『マルチュク通り残酷史』だとか。
まさに、そのまんまな描写は、肉体的にも精神的にも痛々しかった。
ヒロインを演じるハン・ガインは、可愛らしい容姿で誰かに似てると思ってたけど、菊地美香(a.k.a.ウメコもしくはモコナまたはアリカ・ユメミヤ)そっくりだ。
カンフー映画愛に満ちた演出は、特訓シーンからクライマックスにいたるアクションを燃えさせたが、『酔拳』上映劇場前でのラストシーンではバックに「男兒當自強」が流れ、悲壮感漂う物語を、ほのぼのとした情景で締めてくれたので、観ているこちらも、やっと緊張が解けた。
監督/ユ・ハ 出演/クォン・サンウ ハン・ガイン イ・ジョンジン イ・ジョンヒョク
posted by 雨 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31016289

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。