2007年06月27日

怪奇大作戦 セカンドファイル #3 「人喰い樹」

新版『怪奇大作戦』の最終話。
シリーズを総括すると、たしかに科学で計りきれない事件を扱う物語ではあるんだけれど、もっと合理的な説明を持って解決としてほしかった気もする。
何とも不気味な事件だったけれど、実は単純なトリックでした、みたいな。
ただ、公共性を建前とするNHKでの放送だったのに、最終話を「人間は邪悪な生き物だから、いつまでもしぶとく生き続ける」といった台詞でシメたのは、制作者の勇気と心意気を感じる。
NHK
posted by 雨 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46014702

この記事へのトラックバック

怪奇大作戦セカンドファイル#3「人喰い樹」[Final]
Excerpt: 38年ぶりの新作として、全3話が新たに製作されたが、今回はその最後のエピソードとなる「人喰い樹」である。(今回のON AIRはNHK BS-HiVisionで行われたが、4/30~5/2の24:00か..
Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ
Tracked: 2007-06-27 09:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。