2007年09月23日

仮面ライダー電王 #34 「時の間のピアニスト」

この作品で言う「失われた時間」ってのは、他人の記憶のことなのか。
だから、SFで課題となる「タイムパラドックス」については、シビアに考えなくても良いのか。
しかも、「時間を無くした」人間は「時の列車」の中で、他人に思い出されるのを待つことが出来るというんだから、救済措置みたいなもんだ。
「冷たい方程式」じゃないんだね。
テレビ朝日公式東映公式
posted by 雨 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。