2008年02月04日

仮面ライダーキバ #2 「組曲 親子のバイオリン」

主人公・紅渡の「この世アレルギー」って描写、まったく無し。
1話限りの設定だった模様・・・。ちゃんと、やろうよ(悲)
どうせ、渡がアレルギーになった理由とか描かれることもないんだろうな。
現代編では、キバがファンガイアを倒した後、ビルがドラゴンになったり、その中に斬鬼さんがいたり、意味が分からない。
父、音也が軽やかに登場する過去編の方が、単純に楽しそう。
1話のゲストが、クワガライジャーこと姜暢雄。
今回のゲストは、『響鬼』のメカ担当?梅宮万紗子。
これからも、特撮所縁(ゆかり)の人脈が登場してくれるといいな、と期待。
テレビ朝日東映
posted by 雨 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(2) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

仮面ライダーキバ#2「組曲・親子のバイオリン」
Excerpt: キバを目撃した恵の攻撃を手で防ぎそのままいっちゃった。キバをデジカメで撮影する恵。変なものを作っている渡。渡の父さんはバイオリン作りの名人だった。悪魔と契約してたりして?マスターと嶋は体脂肪対決をして..
Weblog: Sweetパラダイス
Tracked: 2008-02-06 14:46

仮面ライダーキバ#2
Excerpt: 2回目で、早くも適当に製作しているということが露呈しただけの酷い物語でしたね。(御大、やっぱり適当に遊んでいるだけですねぇ...) まずは、22年前の宮澤ひとみと現在の宮澤ひとみ。22年という歳月が..
Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ
Tracked: 2008-02-08 12:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。