2008年02月18日

仮面ライダーキバ #4 「夢想 ワイルドブルー」

過去編の方が楽しいと思ってたけど、今回、音也のキャラがあまりにハチャメチャで軽くひいてしまう。
現代編になり、渡に父の悪行を教えた弁護士が実はファンガイアで、しかも音也を愛していたという告白があったのは、敵の側にも理があるって様子を見せ、物語の幅を広げる展開かと思いきや、キバの新フォームであっさり倒されて肩すかしを喰う。
松田賢二さんの狼男っぷりにも期待していたけど、龍ビルから出た途端、キバの武器(剣)に変化しちゃって、これまた大肩すかし。
なんだかよくわからない組織の名護(偽善者臭さプンプン)とか、過去編・現代編両方に現れる嶋とかにも感情移入するほどの魅力は未だ見られないし、さて困ったもんだ。
テレビ朝日東映
posted by 雨 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84676923

この記事へのトラックバック

仮面ライダーキバ#4「夢想・ワイルドブルー」
Excerpt: バイオリンがよ・・・・・4億!?被害者に会った渡は落ち込んでいた頭をかかえて苦悩してます。お父さんのことを調べるのを拒否。マル・ダムールへやって来た渡。恵を見てびくっ。そして後ずさり。恵怖がられてます..
Weblog: Sweetパラダイス
Tracked: 2008-02-19 22:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。