2006年09月23日

明朗少女成功記 #12

やっとヤンスンに本心が通じたギテおじさん。
GyaO
posted by 雨 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

明朗少女成功記 #11

なかなか真意を伝えられないギテおじさん、カワイソス。
GyaO
posted by 雨 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

明朗少女成功記 #10

復讐譚の始まりか?
敵を欺くには、まず味方からって言うけど、辛いよね。
GyaO
posted by 雨 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

明朗少女成功記 #9

1話の密度が濃いね。
GyaO
posted by 雨 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

明朗少女成功記 #8

ギテおじさんの落ち目っぷりが楽しい。
GyaO
posted by 雨 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

明朗少女成功記 #7

これから逆転劇が始まるのね。
楽しみー。
GyaO
posted by 雨 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

明朗少女成功記 #4 #5 #6

面白えぇ。ハマるわ。
チャン・ナラ、カワユス。
GyaO
posted by 雨 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

明朗少女成功記 #2 #3

ヒロインの母親が、(今から2年後くらいの?)薬師丸ひろ子に似てる。
GyaO
posted by 雨 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

明朗少女成功記 #1

GyaOの韓流ドラマ。
主役の少女を演じるチャン・ナラが可愛い。
相手役のチャン・ヒョクは、この間YouTubeで観た(w)『マイ・ボス マイ・ヒーロー』の人かと思ったけど違った。(あっちはチョン・ジュノでした)
展開はまるで大映テレビのドラマみたい。楽しい。
主題歌は、チャゲ&飛鳥の『LOVE SONG』を、韓国語バージョンで誰かが歌ってる。
本編中で、しつこいくらい流れるのは、一昔前の日本のドラマみたい。
週に一度の金曜日に更新みたいだから、忘れないようメモ。
GyaO
posted by 雨 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

PS羅生門 #6

木村佳乃演じる刑事の、何という母性。
やっぱ変わってるドラマやわ。面白い。
テレビ朝日東映
posted by 雨 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少女には向かない職業 #7 #8 #9 #10

主人公を演じた2人の少女、緑友利恵と田島有魅香は、よく演じきったと思う。
すばらしかった。
これからも女優の仕事を続け、なかには詰まらない役柄を演じなければならないことがあったとしても、この作品の記憶は、彼女たちの救いになるんじゃないかしら。
脇の配役も、しっかりとしたもので、本当に完成度の高かったドラマだと思う。
萩原聖人、鈴木砂羽、要潤、城田優、江口のりこ。みな、それぞれの役に対し、渾身の演技といった印象を持たせてくれた。
渡辺いっけいの警官は、本当に良心的なキャラだったなぁ。
最終話で、12年後の主人公たちを演じた北川弘美、橘実里は、まるでミスキャストかと思うようなキャラの逆転した風情だったが、それこそが演出なんだと、すぐに気付いた。
殺人を犯し、保護されてからの年月。
ドラマでは直接描かれない、その後の彼女たちの有り様を、観る者の空想にゆだねる演出だったのかな、と。
どんなラストになるのか、まったく予想もつかなかったけれど、アンハッピーエンドではなかったと思う。
私にとっては、それが救い。
ただ、これは私の受け取り方で、まるきり正反対の印象を持つ人もいるだろうね。
その見方も、わかるけどさ。
posted by 雨 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

少女には向かない職業 #5 #6

切ないねい。
posted by 雨 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

少女には向かない職業 #3 #4

4話が、これまでのストーリーを延々なぞって、いきなり総集編かよ、と思ったが、その後、ちゃんと義理の親父の転落ぶりや謎の女のバックボーンなんか描いてくれて、どうしようもない大人たちの事情に感情移入した。
これって、もう少しエロ描写があったら、瀬々敬久の作品みたい。
『黒い下着の女 雷魚』と似た印象の閉塞感。
posted by 雨 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

少女には向かない職業 #1 #2

GyaOのオリジナルドラマ。
主人公の少女は脆そうな可愛さがあるし、萩原聖人演じる父親のダメさ加減も良い。
続きも観たいけど、Parallels Desktop For Macを介しているためか、時々、音声が途切れる。
1話ではラスト数分が完全に音がしなくなったし、再起動後、小さいウィンドウモードで観た2話も一瞬、途切れた。
音が途切れたときは、GyaOだけでなく、Windowsそのもののサウンドコントロールが効かなくなってるようだった。
40分のドラマでヒヤヒヤしながら観ている状態だもの、2時間の映画なんか心配で観られやしない。
posted by 雨 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

女王の教室 スペシャル 「エピソード2〜悪魔降臨〜」

今頃、やっと観た。
続編希望してた人も、これで充分でしょう。
『金八先生』の「兼末健次郎」編を1時間30分にまとめたような感じだけど、破綻してないと思う。
日本テレビ
posted by 雨 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

警視庁捜査一課9係 #5 「除幕式の死体」

はじめて観たけど、面白いなぁ。
この枠では『相棒』が好きだったけど、後番組のこのドラマは、予告でみる限り、ありきたりな刑事モノっぽい気がしてたので興味なかった。
ところが、今日『銭金』の流れで「チャンネルはそのままで」状態に惰性で観てたら、登場する刑事たちが個性的で楽しいじゃない。
エド・マクベインの『87分署』を思い出しちゃった。
ある意味、事件よりも、刑事たちの対比、彼らを取り巻く人々との関係性が興味深い。
吹越満と田口浩正のバディ風味、吹越満と津田寛治の対立軸、津田寛治と羽田美智子のオトナなイキフン、渡瀬恒彦の立ち位置とか。
女性陣もいいな。
中越典子、遠藤久美子、浅見れいな。
微妙に好みかも。
次回からは、毎週チェックやな。
テレビ朝日 東映
posted by 雨 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

24 シーズンV #24 「12:00P.M.-1:00P.M.」

今シーズンは、ジャックだけじゃなく登場人物たち、皆ボロボロになってしまう、きつい展開だった。
なんつっても、テロリストの要求によってジャックに殺されたCTUメンバーが悲劇的だろう。
実は殺されたふりしてた、って風になるのかと思ったけど、まんまだった。
すべてが終わって、車の中でひとりになると、とうとう泣いてしまうジャックの様子もしょうがないよな。
FOX公式
posted by 雨 at 17:55| Comment(1) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

24 シーズンV #23 「11:00A.M.-12:00P.M.」

ジャックと同じような行動を取ったにも拘らず、良くて懲役20年、悪ければ死刑と言われ、愕然とするトニー・アルメイダ。
なんで俺ばっかり・・・な心中だろう。
後のシリーズでは、ニーナ・マイヤーズみたいに敵対する存在になるのかも。
ウザかった元大統領夫人シェリーは撃たれて死んだ?
もう出てこなくていいよ。
FOX公式
posted by 雨 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

医龍 #1 「神の手を持つ男」

原作コミックは大好き。
でも、ドラマは別物だわ。
乃木坂太郎のシャープな絵柄が好みなのだけど、そのつもりで見ると実写のキャスティングで許せるのは小池徹平と北村一輝だけになってしまう。
特に、朝田龍太郎のイメージに坂口憲二が、まったく重ならない。
案の定、ちょっと誤解釈してると思えるような演じ方だった。
稲森いずみは、惜しい感じ。
水川あさみ、岸部一徳は、まあまあ。
原作では男性のER部長を、夏木マリが演じているのは、ドラマの独自性として許容できる。いまのところは。
ま、原作のことは忘れて観るべき作品かもめ。
しかし、北村一輝のたたずまいは、素晴らしい。
彼だけは、ホンモノって感じがする。
フジテレビ
posted by 雨 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

ケータイ刑事銭形舞 #13 「しりとり連続殺人事件」

最終回。
ネットしながらの、よそ見視聴が多かったのでトリック解説なんかは、あまり気にせず、番組の雰囲気だけ楽しんでた作品だった。
BS-i公式
posted by 雨 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。